看護師の求人にチャレンジ?

看護師の求人、チャレンジしてみる価値はあるのかもしれないなぁ…。

ずっと悩んでいたのですが、2011年に起きた東日本大震災。

あの大きな出来事がきっかけで、わたしの中で何かが、ガツンと動いた面がありました。

被災地ボランティアなどにも仕事の休暇を活用して行ったりしましたが、現地で見た光景と、そこであった出来事、そして被災者の方の生の声というのは、わたしの中で大きく何かを響かせていたようです。

現在の仕事にはあまり不満はないのですが、ルーティンワークが多く、毎日の業務内容は一つの作業でしかありません。

そのことに物足りなさ、というのは感じていましたし、自分が持っている資格を生かした仕事をするべきだろうか、と被災地に訪れ、様々なことをインターネットで知ることで、大きく気持ちに変化が起こっていました。

現場で感じたことを看護師同士で気持ちをぶつけられる看護rooのコミュニティサイトは情報交換に大変役立ちます。

もともと、看護学校を卒業しているんですね、実は。

お母さんが看護師をしていて、その影響から、看護学校に通ったのですが、最終的には資格を取得しても病院ではなく、一般職に就くことにしました。

その経緯は、いろいろな逡巡だったのですが、ここでは割愛して、とにかく、看護師の求人に関して、調べだしちゃったのです。

これは最初に看護学校を受験しよう、と思った時に似ているのかもしれないなぁ。